クサいと思われてないか心配・・そんな方のためにニオイの原因と対策を調べました。

体臭・加齢臭の原因と対策

ニオイの原因

足のにおいの原因

投稿日:2014年3月5日 更新日:

足のにおいの原因:性別に関係なく気になる足のにおい

足の臭いがなくなる靴下が爆発的なヒットを飛ばすほど足のにおいを気にする人は多いですね。特にビジネスマンの場合は、靴下を履いて1日中靴を履きっぱなしなのですから、足が蒸れてしまいます。最近では、ブーツを履く冬場の女性たちが足のにおいを気にしています。ブーツにストッキングは、まさに足の臭いのためのセットのようですね。

足の臭いの原因:汗と皮膚常在菌

足のにおいの原因は、やはり汗です。汗をかくと皮膚常在菌が繁殖してしまいます。皮膚常在菌が、皮膚表面の角質や皮脂を分解し、臭いを発生させます。特に足の裏のにおいが気になるのは、足の裏には、汗腺が集中していて多く汗をかくところだからです。足の裏は、背中や胸の5倍から10倍の汗腺があると言われています。

足の臭いの原因:蒸れが菌の増殖させる

しかし、この汗腺は、エクリン腺がほとんどなので、そのままではさほど臭いはきになりません。ところが、足の裏は、体のどの部分よりも角質層が厚いために、新陳代謝や摩擦などではがれ落ち大量のアカとなります。その上、密閉度の高い革靴やブーツに靴下を履けば、足が蒸れやすい環境になってしまうのです。

密閉状態になった足は、蒸れることで角質層がはがれやすくなり、結果的には、菌の繁殖を助けてしまいます。主な臭いと共となるのは、イソ吉草酸で、足の裏独特の臭いを発生させます。

-ニオイの原因

Copyright© 体臭・加齢臭の原因と対策 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.