クサいと思われてないか心配・・そんな方のためにニオイの原因と対策を調べました。

体臭・加齢臭の原因と対策

ニオイの原因

加齢臭の原因

投稿日:2014年3月5日 更新日:

加齢臭の原因:年齢を重ねることで発生する臭い

体力の衰えや鏡に映る自分の見た目にしわや肌のハリ、シミ、白髪が増えたことを見ることで老いを実感するものです。でも、自分ではあまり気づきませんが、まわりの人はニオイでもその人の老いを感じることがありますよね。最近では加齢臭ということば一般的に使われるようになりましたが、そんな言葉ができる前から、誰もがお年寄り特有のニオイがあることをしっていますよね。

この40歳をすぎたころから気になってくる、まるで古本のような体臭は、一般のただの体臭と区別され、加齢臭と呼ばれるようになってきました。加齢臭は、文字通り、年齢を重ねることが原因の臭いです。

この加齢臭は何も男性に限ったことではなく、女性でも加齢によって生じるニオイです。男性も女性も加齢臭対策は必要です。

 

加齢臭の原因:ノネナール

最近の研究で加齢臭の臭いの原因は、ノネナールと言う物質だと言われています。もともと人の皮膚の毛穴の中には皮脂腺がありますが、その皮脂腺からは、皮脂が分泌され、保水の役割を果たしています。ところが、皮脂の中にある過酸化脂質の1つである9-ヘキサデセン酸は、酸化し分解されることで、加齢臭の原因であるノネナール発生させます。

加齢臭の原因:活性酸素

また、体を酸化させる活性酸素も原因の一つと言われています。活性酸素は若くても歳をとっても発生しますが、若いころに比べ、歳をとると活性酸素を除去する力が急減に衰えます。そのため、体内に活性酸素が増えてしまうという結果になるのです。活性酸素が増えると過酸化脂質が増加し、結果的に先ほどの9-ヘキサデセン酸の酸化の進みが加速し、ノネナールの発生を増加させます。この活性酸素によって酸化した皮脂は、ほかの皮脂にはない独特の臭いがします。その匂いがまさに加齢臭の臭いということができます。

加齢臭の原因:皮脂の酸化

このように加齢臭は、分泌の盛んな若い人の臭いとは全く異なるシステムで発生する臭いで、加齢によって変化した皮脂の成分や、皮脂が酸化した過酸化脂質が増えることによって生じるものなのです。

 

加齢臭の原因:食べ物

加齢臭は皮脂の酸化が主な原因になります。皮脂の酸化を促すような食生活、肉類中心の欧米化の食生活が中心の方や栄養のバランスが悪い食生活の方、また、食生活以外にもたばこやアルコール、ストレスなども皮脂の脂肪分が増えたり活性酸素が増えることで加齢臭の原因となります。

これはまるで生活習慣病の下地になるような生活をしていると、加齢臭も発生しやすいということになると考えていいでしょう。

つまり健康的な生活を送ることが一番の加齢臭対策につながるのかもしれません。

-ニオイの原因

Copyright© 体臭・加齢臭の原因と対策 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.