クサいと思われてないか心配・・そんな方のためにニオイの原因と対策を調べました。

体臭・加齢臭の原因と対策

ニオイの原因

体臭の原因

投稿日:2014年3月5日 更新日:

体臭の原因:さまざまな体臭がある理由

体臭と一言で言っても、いろいろな臭いがありますし、その原因も様々です。人によってはワキガのようにワキのニオイが気になる方もいれば、足の臭いが気になる方もいます。また、男性と女性でもにおいの違いがあります。

とはいえ、大きく言ってしまえば、体臭とは、皮膚の雑菌が汗や皮脂を分解し臭いの元となるガスを発生させるものです。ですから、汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなるので、より一層臭いが強くなるということになります。

人の皮膚には皮脂腺と汗腺という2つの分泌腺があります。その一方で、皮膚にはさまざまな種類の雑菌が付着しています。そしてその菌は、皮膚の表面にある皮脂膜に存在することになります。

体臭の原因を考えるときにはこの汗と皮膚のタンパク質や皮脂、雑菌との関係を理解する必要あります。

汗はほぼ無臭

体臭と聞くと汗=臭いの原因とイメージしてしまいます。しかし、意外なことに汗自体はほとんど無臭に近いそうです。

分泌された皮脂や汗は、この段階ではまだ、ほぼ無臭です。ところが、時間の経過と共に、先ほどの説明した菌が作用して、皮脂や汗に含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分を酸化させ、分解することによって、臭いが発生するようになります。

しかもその種類は、数百種以上におよぶといわれています。

汗と皮脂の種類で臭いが変わる

つまり、汗や皮脂の成分によって臭いは違うということになります。

人は2種類の汗腺を持っていて、それぞれが別々の働きを持つ汗を分泌させています。

ですから、まず大きくは、この2つの汗腺がある場所によって臭いが異なることになります。

つぎにそれぞれの体の部位によって発生する臭いの元になる成分が変わります。

これによって、さらに臭いは複雑なものになるのです。

ワキや足のように汗をかくと臭いがきつくなる箇所もあれば、汗をかいてもあまりにおわない場所があるのもこの汗腺と皮脂の種類によるのですね。

清潔を保つことが体臭予防の第一歩

汗だけではほとんど無臭でも、皮脂や皮膚の雑菌などが酸化することで臭いがきつくなるのですから、当たり前のことですが、まず体臭予防としてやるべきことは皮膚を清潔に保つということになりますね。

もちろん、年齢や性別、体質によっても汗の出かたや皮脂の量など違いますから、清潔を保つのが基本ですが、暑い季節や運動をするときなどはデオドラント、消臭グッズを活用するのも人によっては必要ですね。

-ニオイの原因

Copyright© 体臭・加齢臭の原因と対策 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.